<MIFオープニング>医薬を取り巻く4つの最先端セミナーを開催 2013年12月19日

2013年12月19日

2013年12月19日(木)、MIFオープニングを記念して、『最新中国事情』、『ドラッグデリバリーシステム』『最先端ハーブ医薬品』、『認知症と高齢化社会』など、医薬品を取り巻く最先端のセミナーが行われました。

〔セミナー内容〕

『最新中国事情』
「胡錦涛から習近平への対日政策転換の解説と今後の中国ビジネス新戦略」
~航空識別圏の挑発の真相とは?今後の対応策とは?~
範 雲涛 亜細亜大学 アジア・国際経営戦略研究科教授

最新中国事情

 

『医薬研究最前線』
「ドラッグデリバリーシステムの考え方と実際例」
~①放出制御(1ヶ月持続) ②腫瘍への標的抑制~
小川泰亮 元武田薬品工業株式会社 DDS研究所所長

医薬研究最前線

 

『最先端のハーブ医薬品』
「革新!ハーブ素材での黒髪・薄毛改善と抗癌作用への奇跡を探る!」
永井克也 大阪大学名誉教授

最先端のハーブ医薬品

 

『認知症・高齢化社会への挑戦』
「武田薬品研究スピリッツとは~モリモト医薬の独創的かつ革新的製剤誕生と事業化」
「服薬革命!薬の飲み方が大きく変わります。新しい服薬時代へ」
盛本修司 モリモト医薬代表取締役

認知症・高齢化社会への挑戦