eジュレオレンジ

ムービー お客様の声 学会実績 取扱販売店

初めてのお客様へ

これから薬は楽に飲みましょう。ゼリーと一緒にラクラク服薬。
〜 モリモトゼリーなら誰でも簡単に薬を飲むことができます。〜

モリモトゼリーとは?
モリモトゼリーは、薬を飲むのが苦手な方や、病気により飲み込みが難しい方のために、モリモト医薬が開発した服用支援ゼリーです。

eジュレオレンジ eジュレオレンジ

モリモトゼリーの特長


(1)離水しにくく、むせにくい(ゼリーと水が分離しない)
(2)薬を飲むのが苦手な方におすすめ
(3)不溶物がなく透明で均一
(4)薬の吸収をジャマしない
(5)ゼリーと薬がひとかたまりになり飲みやすい

eジュレスプーン逆さま eジュレトレイ滑り
離水しないのでスプーンを逆さまにしてもゼリーが落ちません。

モリモトゼリーは薬剤をしっかり包み込みホールドし、水分があればスムーズに流れます。
(左から、薄いとろみ/中間のとろみ/濃いとろみ/他社ゼリー/eジュレ/eジュレ+水)

外観顕微鏡による比較

離水したらどうなるの?
口(のど)は、気管と食道につながっています。離水した場合、水が先に流れ、その水は気管に入りやすく、むせたり、誤嚥の原因となります。最悪、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性もあります。
→むせたり、誤嚥の原因に
嚥下アニメ
薬を飲む時の安全な姿勢とは?
「直立や顔を上げた姿勢」では、咽頭(口腔から食道・気管の通り道)が気管と直線状になり、食べ物が気管の方に入りやすくなります。「前かがみや仰向けで寝た姿勢(首を倒した状態)」では、咽頭に角度がつくため、食べ物は気管よりも食道の方に入り込みやすくなります。しかし実際には、水で「前かがみ」の状態で薬を飲むのは非常に困難です。でも、モリモトゼリーなら薬とひとかたまりになるので「前かがみ」の姿勢でも問題なく薬を飲むことができます。

薬を飲むのが苦手な方もeジュレならつるっと薬を飲むことができます。

eジュレロゴ eジュレイメージ
薬を飲むのは大変。ノドが痛く、なかなか飲み込めず、 ムセる時もあって苦しい。これがずっと続くと思うと…。
こうした悩みでお困りではありませんか? 薬を飲むのはご年配に限らず、お子さまやノドが弱い方に共通の悩みです。しかし、ご安心ください。美味しいゼリーをつるっと飲むだけで薬も一緒に飲めてしまう服用支援ゼリーがあるのです。それが、モリモト医薬の「eジュレ」です。


使用用途に応じてさまざまなラインナップをご用意いたしました。

ejyure_CP&ST

ゼリーでしっかり覆って、カプセルも顆粒・粉末も違和感なく服薬!

カプセル&粉末の場合

薬をゼリーで下と上から挟むように、しっかりと覆うことで違和感なくお飲みいただけます。顆粒や粉末の場合は(約1.5gていど)オブラートに包むことで苦みを感じずにお飲みいただけます。(※1.5g以上の場合は2回に分けてお飲みください)

使用方法

製品仕様

■eジュレオレンジ

    〜 お客様の声(利用者の方より、よろこびの声をいただきました)〜


 ・大阪市60代主婦「今まで色んなゼリーを使いましたが「℮ジュレ」が一番飲みやすかったです」
 ・東大阪市介護士「ゼリーから水が垂れないのに感動!ムセが軽減しそうです」
 ・広島市摂食・嚥下障害看護認定看護師「適度な食塊が形成されるので食物の認識がされやす
  く良い」
 ・宝塚市歯科医「形状がスライス状とマッシュ状どちらにも対応でき用途に分けて使用出来る
  のが良い」
 ・尼崎市訪問介護スタッフ「寝たままで薬を飲ませることが出来るので助かりました」
 ・滋賀県高齢者施設職員「服薬介助の手間が大幅に減りました」
 ・滋賀県NPO法人主任「服薬介助の作業時間が短縮できた」
 ・神戸市大学院生「オレンジ色がきれいし美味しそう」
 ・大阪市学生「スライス状のまま出して顆粒を包んで飲むと飲みやすかった」
 ・各学会・展示会参加の看護師・薬剤師「おいしい!、味がイイ」
 ・寝屋川市55歳女性「つるっと飲めてしまいました」
 ・70代男性「舌触りもよくスグに喉を通った」
 ・初めて飲んだ多くの看護師さんや薬剤師さんから「あらっ飲めた!」と同じフレーズを聞き
  ました。


   ゼリー関連学会等発表実績(随時更新)※PDFアイコンをクリックすると資料をダウンロードできます。

■2016年
2月 第31回 日本静脈経腸栄養学会学術集会 JASPEN2016(主催:日本静脈経腸栄養学会)
  (発表内容:服用支援ゼリーの試験結果と介護施設、在宅向け製品の開発)
   PDFアイコン資料1:服用支援ゼリーの試飲試験結果と介護施設・在宅向け製品の開発  

■2015年
9月 第21回 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会(主催:日本摂食嚥下リハビリテーション学会)
  (発表内容:経口摂取のための物性を考慮した服薬補助ゼリーの開発)
   PDFアイコン資料1:経口摂取のための物性を考慮した服薬補助ゼリーの開発
7月 第8回 日本在宅薬学会学術大会(主催:日本在宅薬学会)
  (発表内容:ゼリー剤による未来型服薬システムの構築(ゼリー付一包化包装の考案))
   PDFアイコン資料1:ESOPの開発 PDFアイコン資料2:服薬補助ゼリーの開発 PDFアイコン資料3:高速簡易懸濁バッグの開発
7月 第8回 日本在宅薬学会学術大会(主催:日本在宅薬学会)
  (発表内容:経口摂取のための物性を考慮した服薬補助ゼリーの開発)
7月 第7回 日本静脈経腸栄養学会近畿支部学術集会(主催:日本静脈経腸栄養学会近畿支部)
  (発表内容:経口摂取のための物性を考慮した服薬補助ゼリーの開発)
5月 日本薬剤学会 第30年会(主催:公益社団法人日本薬剤学会)
  (発表内容:経口摂取のための物性を考慮した服薬補助ゼリーの開発)
4月 CPhI Japan 2015(Inno Pack Japan 2015)(主催:UBMジャパン(株))
  (発表内容:患者QOLを改善する機能包装・デバイスの開発-弱シール技術の活用-)
2月 第30回 日本静脈経腸栄養学会学術集会(主催:日本静脈経腸栄養学会)
  (発表内容:嚥下困難者のリハビリテーションと嚥下評価および服薬に有効なゼリーの開発と評価)
   PDFアイコン資料1:ゼリーの開発と評価  PDFアイコン資料2:高速簡易懸濁・注入バッグの開発
2月 薬剤先端技術研究会第1回学術講演会(主催:群馬大学医学部附属病院薬剤部部長山本教授)
  (発表内容:モリモト医薬の服薬革命を目指した技術と製品)
1月 神戸学院大学「臨床薬学研究生意見交換の集い 2014」(主催:神戸学院大学薬学部臨床薬学研究室)
  (発表内容:経口摂取のための服薬補助ゼリー「eジュレ」の開発と商品紹介)

■2014年
11月 第4回 高品位介護シンポジウム(主催:京都工芸繊維大学伝統みらい教育研究センター)
  (発表内容:服薬補助ゼリーで快適な服薬生活を)
11月 第152回 姶良地区薬剤師研修会(主催:姶良郡薬剤師会(鹿児島県))
  (発表内容:安全な内服を支援するツールの開発について)
9月 第24回 日本医療薬学会年会(主催:日本医療薬学会)
  (発表内容:経口摂取のための服薬嚥下補助ゼリーキットの開発)
   PDFアイコン資料1:高速簡易懸濁・注入バッグの開発
9月 第9期第5回製薬技術研修会(主催:奈良県薬剤師会)
  (発表内容:新しい製剤の開発)
9月 第20回 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会(主催:日本摂食嚥下リハビリテーション学会)
  (発表内容:服薬嚥下補助ゼリーキットの開発、嚥下補助ゼリーキットの官能試験による服用性評価)
8月 日本病院薬剤師会関東ブロック第44回学術大会(主催:日本病院薬剤師会関東ブロック)
  (発表内容:服薬補助ゼリーキットの開発とその評価試験結果)
7月 日本在宅薬学会学術大会(主催:日本在宅薬学会)
  (発表内容:服薬嚥下補助ゼリーキットの開発)
6月 医療薬学フォーラム2014(主催:日本薬学会医療薬科学部会)
  (発表内容:服薬補助ゼリーキットの開発および官能試験による服用性の評価)
6月 簡易懸濁法研究会総会(主催:簡易懸濁法研究会)
  (発表内容:服薬補助ゼリーキットの開発とその評価試験結果)
5月 第9回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会
  (主催:日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会)
  (発表内容:患者のために作られた薬をベストな状態で~嚥下補助ゼリーキットの開発~)
5月 日本薬剤学会第30年会(主催:日本薬剤学会)
  (発表内容:服薬支援ゼリー付き一包化包装システムの開発)
5月 日本薬剤学会第29年会(主催:日本薬剤学会)
  (発表内容:服薬補助ゼリーキットの開発)
   PDFアイコン資料1:服薬補助ゼリーキットの開発 PDFアイコン資料2:倉田ー盛本式高速簡易懸濁・注入バッグの開発
1月 PLCM研究会第8回シンポジウム(主催:PLCM研究会)
  (発表内容:新規、PH1、PH2治験向け簡易製剤化手法と、新規合剤開発 における新剤形の提案(GT剤))

〜 今なら無料サンプル提供中!ぜひお試しいただき、eジュレオレンジを実感してください! 〜

〜 ご購入希望の方は、下記WEBサイト・販売店にてお買い求めいただけます! 〜

アマゾンバナー PDNバナー 販売店バナー